402年前に思いを馳せて

0

    ゴールデンウィークは、大坂夏の陣である

     

    と、常々思っているのです。

    今まで仕事の関係であまり行楽に縁が無かったというのもあって

    何より最愛の人・真田幸村さまの大舞台だというのが最大の理由で

    この時期はそのばかりを考えています。

     

    そして大坂夏の陣は、幸村さまの最期の戦い

    そう、5月7日は幸村さまの旧暦ご命日なのです。

    この時期は考えているだけでは屋もたてもたまらず、行動に出てしまいます。

    ご命日詣でと自分で呼んでいる、大坂行きです。

    2006年にはじめてから、もう12年目になるこのお詣り旅。

    昨年からは日帰りになってしまいましたが、もちろん今年も参ります。

     

    402年前のこの日この時、幸村さまは何を思っていたのか

    何を思って朝を迎えたのか

    毎年今日はそんな事を考えてしまいます。

     

    きっとまた、泣いてしまうな。


    私を磨く砂

    0

      もう残り数時間ですが、本日5月3日は小説家・池波正太郎先生のご命日です。

      池波忌であるこの日は毎年手を合わせ、先生の本を開きます。

      本当は先生の行きつけだったお店に立ち寄って思いを馳せるくらいのことはしたいのですが・・・

      あと、先生が最期に召し上がったというウナギくらい食べたいのですが・・・

      現在なかなかそうもいかないので、先生の本を開きます。

       

      この日に開くのは、いつも決まってこの本。

      私のバイブル『男の作法』です。

      私は女ではありますが、ここに書かれているのは性別関係なく「人間」として

      大切なことだと思っているので、『人間の作法』だと思って読んでいます。

      一年に一回、この本をパラパラと読んでいって

      ああ、これは最近出来ていないな とか

      しまった、近頃この精神を忘れていた とか

      現在の自分を見直す、良い機会なのです。

       

      色んな気付きを与えてくれる本ではあるのですが、肝心なのは

      「すべての事は男を磨く砂である」

      という一文。

      何か辛いことがあってもこの言葉を思いだし、今この事で自分は磨かれているんだ

      これを糧にして自分を磨いてやろう、と思っています。

      この言葉のおかげで、私はかなりポジティブになったと思う。

       

      そして何より、歴史にどっぷりはまるきっかけとなったのは先生の小説おかげ。

      生き方の視野を広げてくれたのは、先生の『鬼平犯科帳』のおかげ。

      「人間としての強さ」を教えてくれたのは、先生の『剣客商売』。

      真田家と上田市の素晴しさを教えてくれたのは、先生の『真田太平記』。

      食を楽しむことを教えてくれたのは、先生の『散歩の時、何か食べたくなって』。

      本当に私の今の作ってくれたのは、先生の文章のおかげなのです。

       

      だから、私にとって今日はとても大事な日。

      色々と先生ゆかりのものに浸ってもいたいけれども、一番大切なのは

      先生が教えてくれた私の『芯』を見直すことだと思うので

      私は、この本を開くのです。

       

      合掌。


      今年もありがとうございました

      0

        時間が空いてしまいましたが、上田真田まつりにご来田の皆様

        ありがとうございました!

        そして出演者の皆様、スタッフの皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした。

        更には、お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。

         

        今年は家庭の事情で、一歳半になった息子と二人での参加。

        案の定、幼児に振り回されて思うようには満喫出来ませんでしたが

        久し振りの皆様にも多くお会い出来て、充実の滞在でした。

        そして、子供連れ観光客の目線で上田を歩けたのは、今までにない経験でした。

        この経験を蓄積して、家族向けの上田案内を出来るようにしたいと思います。

         

        さて、当日はやはりものすごい熱気!

        ホテルを出ると、すでにパレード待ちのお客様が中央交差点を中心に

        たくさん場所取りをされていました。

        やはり『真田丸』人気は、根強い!

         

        出陣式に参加させて頂き、私もパレードを見学するために移動。

        去年も思ったのですが、原町の真田太平記館の前あたりは穴場の見物スポット。

        人手も少ないので、待たずにもかなり間近で見られます。

        ほどなく、『真田丸』のご一行さまが!!

        目に焼き付けるために写真はこれだけ(笑)

        いや〜、皆様格好良かったです!

        『真田丸』の感動が、再び蘇ってきましたね。

        俳優の皆様は前日に諏訪大社へ詣でられ、当日は武田菱の背旗を背負い

        武田勝頼さんの兜を掲げての上田入り。

        その演出も憎いですね!

        個人的には、草刈正雄さん演じられる昌幸さまが、諏訪湖に眠るという

        信玄公にお会いしたのだなぁ・・・と思えたのも感動的でした。

        ちなみに、このパレードで掲げられていた勝頼さんの兜(大河で使用されたもの)や

        武田菱の背旗、上田合戦や大坂の陣で高砂舞に使われた六連銭旗が

        上田城の特別企画展で5/7まで展示されるとのことです。

         

        パレードが終わると、皆様上田城芝生広場へ移動。

        この移動もすごい人の流れ!

        そう、芝生広場では毎年好評の決戦劇が行われるのです。

        今年も西櫓から、真田一族の激励があって大盛り上り。

        市民の皆様・一般参加の皆様の熱演で、大いに盛り上がっておりました!

        (写真が撮れなかったのが本当に残念・・・)

        この決戦劇のFANの方もとても多いようで、年々熱気がすごいです。

        きっと出演者の皆様の思いが伝わっているのでしょうね。

         

        この後の鉄砲演武も、全国の隊が集まって行うという豪華版。

        ・・・なのですが、新幹線の都合で私はここまで。

        レポートもままならない慌ただしい参加でしたが、今年も参加出来て良かったです。

        何より皆様にお会いできたのと、多くのお客様で溢れる信州上田の街を

        見ることができたので。

         

        今年も大きな問題がなく皆が笑顔で終われたのも、真田家の皆様はじめ

        上田の先人の皆様が守って下さったからでしょう。

        本当に、ありがとうございました。

        町中で見つけた赤備えのようなツツジが、それを感じさせてくれました。


        第35回上田真田まつり

        0

          日々を慌ただしく過ごしていたら、もう真田まつり。

          私は今年も単独行動が出来ずに息子と二人で参加のため、一般見物です。

          今年も事前にご案内もご紹介も出来ずにいたので、自分の為にも

          当日のスケジュールをまとめてみたいと思います。

           

          一番詳しいのは、こちらの公式サイト。

          http://www.uedasanadamatsuri.jp/

          何といっても目を引くのは、今年も大河ドラマ『真田丸』の

          キャストの皆様が登場する

          真田一族と家臣団スペシャルパレード』!

          今月初めに信州上田観光プレジデントに就任された草刈正雄さんを筆頭に

          おこう役の長野里美さん

          小山田茂誠役の高木渉さん

          矢沢三十郎頼幸役の迫田孝也さん

          河原綱家役の大野泰弘さん

          が登場されます。

          こちらが、11:20から。

           

          その前には、『真田隊パレード』が、9:30から。

          お神輿やかっぽれ、民謡流しや、上田城築城の時に奉納されたという

          常田獅子などが、町のいたるところで行われます。

          10:15より、原町の「真田十勇士ガーデンプレイス」にて出陣式が行われ

          出陣太鼓の調べとともに、真田軍武者行列がスタート!

          真田丸俳優陣の皆様のパレードの後、餅まきというスケジュール。

           

          その後は、上田真田まつりの代名詞とも言える『決戦劇』が

          上田城公園芝生広場で開催されます!

          今年も市民の皆様や一般参加の方々の気合は相当のようで

          非常に楽しみです!

           

          今年のテーマは、第二次上田合戦。

          この舞台を見なければ、真田まつりではありません!

          熱い舞台を、是非お見逃しなく!

           

          決戦劇の余韻のまま、全国鉄砲演武大会へ。

          これも今年は大迫力の予感。

          是非、最後までじっくりご覧下さい!

           

          上田城には、かつて大河ドラマ館があった場所に

          「特別企画展 400年の時を経て甦る上田城」

          が開催されておりますので、こちらもお楽しみ下さい。

           

          もちろん、上田のグルメやお土産、その他の展示などなども盛りだくさんです。

          過去の記事になってしまいますが、2014年から書き溜めております

          真田まつりのススメ』の投稿をまとめてみましたので

          何かのご参考になりました幸いです。

           

          GWのスタートは、信州上田に是非是非お越し下さいませ!

           

           

           

           


          柳町屋さんのアップルたまごタルト

          0

            去年・一昨年とコラムを連載させて頂いておりました

            上田のフリー雑誌「うえだNavi」さんが10周年を迎えるにあたり

            なんと実店舗をオープンするということで、先日準備中のところに

            お邪魔して参りました。

             

            場所は、上田の人気観光スポット・柳町。

            大人気の地酒「亀齢」の岡崎酒造さんや

            私の大好きなパン屋さんである『ルヴァン』さんのほど近く。

             

             

            真田まつりの前日である28日(金)オープンとのこと。

            先日はその準備の真っ最中をお邪魔しました。

            その名も、『柳町屋』。

            オープンの目玉となるのが、こちら。

            『真田REDアップル使用のたまごタルト』です!

            真田REDアップル』とは、真田の郷で作られた極上のりんごのみに

            与えられる特別な名称であり、特別なりんご。

            そのりんごを使って作られたたまごタルトなのです。

             

            私が元々たまごタルトというお菓子が大好物だということもありますが

            それを差し置いてもこれは、本当に美味しい!!!

            ありったけの語彙を使いましての食レポをさせて頂きますと・・

            シャキシャキ感を残したりんごと、とろりとしたたまご生地と、しっとりとしたパイ。

            酸味を残したりんごの甘味と、たまごとミルクの風味がどこまでも濃厚なタルトは
            バランス良くお互いを引き立てて口いっぱいに広がります。
            なのに後味はすっきりと、爽やかな甘味だけが残るのです。
            あ〜〜・・・書いていて食べたくなってきてしまいました(笑)
            実際にお店の扉を開けた時にふわりと漂う甘い香りに
            観光のお客様も地元の方も引き寄せられ、次々とお店を覗いて行かれましたっけ。
            これは、上田の新名物間違いなし。
            私の上田のイチオシお菓子である
            などなどと並ぶ、絶品です。
            (好きなお菓子はまだまだありますが、キリがないのでこのくらいで・・・)
            また、街中ではここでしか頂けない長門牧場のソフトクリームも驚きの美味しさ!
            (美味しすぎて写真を撮り忘れる失態を犯したので、文章のみ)
            これからの季節はこちらも強くオススメです!
            上田の新しいスポットとなるであろう「柳町屋」さん。
            応援しています!

            << | 2/328 | >>

            六龍堂

            歴史プロデューサー六龍堂
            早川知佐のブログです。

            歴史に関する事柄
            万、軍師承ります
            mail@rokuryudo.jp

            Profile

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            Selected entries

            Links

            Categories

            Archives

            Recent comment

            Recent trackback

            mobile

            qrcode

            Search

            Others

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM